結婚をする前は、別々で暮らしている人が多いですが、結婚をした後は、二人で住み始めます。

新婚の住まいを選ぼう

住まいを建てる際はローンの問題を考える 結婚をする前は、別々で暮らしている人が多いですが、結婚をした後は、二人で住み始めます。昔と比べて、両親と同居をする人は減っており、まずは二人で暮らす人が多いです。新婚生活の住まいを決めるときには、夫婦で住む地域を話し合いましょう。二人とも仕事をしている場合は、二人の仕事場に通いやすいところを選ぶようにしましょう。

夫の仕事場には近く、妻の仕事場には遠いところを選んでしまうと、妻にだけ通勤の負担がかかってしまいます。できれば、お互いが通いやすいところを選ぶようにしましょう。賃貸物件に住む場合は、不動産会社に行き、いろいろな物件を見てみましょう。二人で住む場合は、一人暮らしよりも広めの間取りの部屋を選びましょう。

子供が欲しい人は、子供が生まれても窮屈にならないように、2LDKくらいの間取りの部屋を選ぶと快適に過ごすことができます。子供が生まれたら引越しをする予定の人は、1LDKの間取りでも二人で暮らすことができます。しかし、結婚をすると、荷物が二人分になるため、収納が広い部屋を選ぶようにしましょう。できれば、夫婦それぞれのクローゼットがあれば、たくさんの洋服もそれぞれが収納しておくことができます。


Copyright(c) 2019 住まいを建てる際はローンの問題を考える All Rights Reserved.