一人暮らしの住まい間取りは、1Kや、1Rが多いです。

一人暮らしの住まいの選び方

住まいを建てる際はローンの問題を考える 一人暮らしの住まい間取りは、1Kや、1Rが多いです。もう少し広い間取りに住みたい人は、1DKや、1LDKを選ぶ人もいます。1Kや、1Rだと、キッチンがとても狭い賃貸物件が多いです。コンロが一つ備え付けで、ほとんど調理をするスペースがないくらい狭いことも多いです。食器を置くところもほとんどないため、あまりお皿やコップなどを増やさないようにしましょう。

一人暮らしの賃貸物件を選ぶときには、家賃もとても重要ですが、できるだけ収納の多いところを探すようにしましょう。収納スペースが多ければ、部屋の間取りが狭くても、クローゼットの中にたくさん収納できるため、部屋を広く保つことができます。反対に収納が狭ければ、服を入れるタンスや、カラーボックスなどを部屋の中に置かなければいけないため、部屋が狭くなってしまいます。

特に女性の場合は、男性よりも洋服などの荷物が多いため、収納スペースが重要になります。しかし、収納スペースが多くても、1Kや、1Rだと、荷物がいっぱいになってしまうことが多いため、物を増やさないように気をつけましょう。新しい家具を購入するときは、今まで使っていたものを捨てましょう。捨てることで荷物が増えず、綺麗な部屋を保つことができます。


Copyright(c) 2019 住まいを建てる際はローンの問題を考える All Rights Reserved.